メール送信制限


インターブロードでは下記のようにメール送信時の制限事項を設けています。
これらは、迷惑メール送信者から不正利用されない為の対策の一環です。


インターブロードのメールアドレスを使用する場合   
    通常の設定の場合は POP before SMTP の制限が適用されます。
POP before SMTP についてはこちらをご覧下さい

Message Submission(Port587)の設定を行っているときは常に送信可能です。
可能であればこちらへの変更をお勧めします。
設定方法はこちらをご覧下さい


他社のメールアドレスを使用する場合
フレッツ接続でご利用の場合、Outbound Port25 Blocking(25番ポートブロック)によりメールを送信することができません。

Message Submission(Port587)の設定を行うことにより送信を行うことが可能です。
詳しくはこちらをご覧下さい

ウェブメール(yahooのようにホームページを使用するメール)は制限を受けません。


他社プロバイダに接続している場合
接続先のプロバイダが独自に送信制限を行っている場合がありますのでご確認下さい。

一般的にはMessage Submission(Port587)での送信の場合は制限を受けにくい傾向にあります。可能であればこちらへの変更をお勧めします。
設定方法はこちらをご覧下さい


携帯電話メールに送信する場合
各電話会社が独自に送信制限を行っています。一度にたくさんのメールを送信する、エラーメールが多いなど、迷惑メールと誤認しやすい行為は行わないようにしてください。




メールの受信に関する制限はありません。


■Message Submission(Port587)とは
メール送信時に正当な利用者であることを確認する仕組みのひとつです。
具体的には、下記の方法を使用します。
・アカウントとパスワードで認証を行います。
・587番のポートを使用します(通常は25番)。
・送信者アドレスは任意です。









インターブロードホームページへ