Outbound Port25 Blocking(OP25B)と、Message Submission(Port587)の実施について---2006年6月1日、迷惑メールの発信規制を実施します---


TOP

25番ポートブロックとは?

影響を受けるお客さまへのご案内
影響を受けるお客さまの回避方法
メールソフトの設定変更例
よくある質問と回答集

お問い合わせ


影響を受けるお客さまの回避方法

対象者早見表で確認し、OP25Bの影響を受けるお客さまは、メールソフトの設定変更を行うなど、以下にあげる回避策を用いることによりメールを送信することができます。

 1.他プロバイダのメールサーバを利用しているお客さま

以下の方法で設定変更をしてください。

ご利用のメールサーバがMessage Submission(Port587)に対応していない場合
(1) 送信メールサーバを弊社のメールサーバに変更します。
*受信メールサーバの設定変更の必要はありません。
(2) 送信用ポートを 587 番ポート(Port587)に変更します。
(3) SMTP認証をするように変更します。
弊社から発行しているメールアカウントとパスワードを設定します。

代表的なメールソフトの設定例についてはこちらをご覧ください。

ご利用のメールサーバがMessage Submission(Port587)に対応している場合
Message Submission(Port587)を使用してメールを送信するように設定を変更してください。メールソフトの設定は、ご利用中のプロバイダ、またはメールサーバの管理者に確認してください。

インターブロードのメールを同一パソコンまたは同一ネットワーク内で常に(30分毎以内)に受信している方はインターブロード用の送信サーバーを使用することも可能です。
設定変更例はこちらをご覧下さい(Outlook Expressの例)。


*MessageSubmission(Port587)とは

メールの送信時に25番ポート(Port25)を指定する代わりに、587番ポート(Port587)を使用する技術的な手法です。これによりOP25Bを実施している他のプロバイダからでも587番ポートを使用してインターブロードのメールサーバを利用してメールの送信を行うことが可能になります。(同時にSMTP認証の設定が必要です。)

*SMTP認証(SMTP Authentication)とは?

メールの送信者のアカウントとパスワードにより、メール送信時に送信者認証を行う仕組みです。

 2.ご自身でメールサーバを構築しているお客さま

インターブロードのフレッツ接続ではメールを送ることができません。
規制にかからない方法での運用をご検討下さい。


メールソフトでの設定変更例

インターブロードのメールの設定情報が必要です

Microsoft Outlook Express 6.0

Windows - Eudora 6.2J

Becky! Internet Mail Ver.2

Windows - Mozilla Thunderbird 1.5

Mac OS X - Mozilla Thunderbird 1.5

Mac OS X - Mail 1.3

インターブロードのメールも併用している方はこちらの設定方法でも回避可能です(Outlook Expressの例)。
同一メールソフトでインターブロードのメールも利用していて常にメールチェックを行っている(30分間隔以内)。
ブロードバンドルーターで接続していてネットワーク内の他のメールソフトでインターブロードのメールを使用しており、常にメールチェックしている(30分間隔以内)。
※他社メールの設定で送信サーバー名のみインターブロード用に変更します。





ページTOPへ




Copyright© 2006 Emori Co.,Ltd All rights reserved.
このサイトはインターブロードが管理・運営しています。

本取組みはネットワーク提供業者である株式会社NTTPCコミュニケーションズと協調し実施するものです。