Outbound Port25 Blocking(OP25B)と、Message Submission(Port587)の実施について---2006年6月1日、迷惑メールの発信規制を実施します---


TOP

25番ポートブロックとは?

影響を受けるお客さまへのご案内
影響を受けるお客さまの回避方法
メールソフトの設定変更例
よくある質問と回答集

お問い合わせ


メールソフトの設定変更例

これはインターブロード以外のメールを利用している場合の設定です

バーチャルドメインをご利用の方はインターブロードを組織でご利用している
ドメイン(xxxxxx.jpなど)に置き換えてご設定下さい。


インターブロードのメールも併用している方はこちらの設定方法でも回避可能です。
同一メールソフトでインターブロードのメールも利用していて常にメールチェックを行っている(30分間隔以内)。
ブロードバンドルーターで接続していてネットワーク内の他のメールソフトでインターブロードのメールを使用しており、常にメールチェックしている(30分間隔以内)。



Microsoft Outlook Express 6.0

1. Outlook Expressを起動します。


2. "Outlook Express"の画面が表示されます。

[ツール(T)]メニューから[アカウント(A)]をクリックします。



3. "インターネットアカウント"の画面が表示されます。
[メール]タブをクリックします。



4. 使用している他社プロバイダの設定名(例:pop.example.ne.jp)」を選択し、[プロパティ(P)]ボタンをクリックします。



5. [サーバー]タブをクリックします。



6. [サーバー]タブの内容を以下のように設定します。



サーバー情報
[送信メール(SMTP)(U)]:
インターブロードの「送信メールサーバ名」を入力(ma.interbroad.or.jpなど)

送信メールサーバー
[このサーバーは認証が必要(V)]:チェックする

設定確認後、"送信メールサーバー"の右側にある[設定(E)]ボタンをクリックします。

7. "送信メールサーバー"画面で以下の設定を行います。



[次のアカウントとパスワードでログオンする(O)]:チェックする
[アカウント名(C)]:
インターブロードの「メールアカウント名」を入力

[パスワード(P)]:
インターブロードの「メールパスワード」を入力

[パスワードを保存する(W)]:お好みに応じて設定
[セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S)]:
チェックしない

設定を行ったら[OK]ボタンをクリックします。

8. 設定を行ったら[詳細設定]タブをクリックします。



9. [詳細設定]タブ内の"サーバーのポート番号"を以下のように設定します。(その他の項目は特に変更の必要はありません)



サーバーのポート番号
[送信メール (SMTP)(O)]:「587」と入力 (規定値の 25 から変更する)

10. "インターネットアカウント"画面に戻ります。

[閉じる]ボタンをクリックします。



11. "Outlook Express"の画面に戻ります。

以上でOutlook Expressの設定は完了です。




メールソフトの設定変更方法TOPへ

ページTOPへ




Copyright© 2006[Emori co.,ltd All rights reserved.
このサイトは[インターブロード]が管理・運営しています。

本取組みはネットワーク提供業者である株式会社NTTPCコミュニケーションズと協調し実施するものです。