設定ガイドよくある質問トラブルに注意

このページではインターネットご利用にあたって
注意しなければならない点についてご紹介しています。

 

電話番号をダイヤルQ2や国際電話に変更するホームページがあります

インターネット接続をご利用中に、アダルトサイトなどを閲覧した際に、「画像の続きを見るにはボタンをクリックしてください。」というような案内にしたがって、不用意に画面上の「OK」のボタンなどをクリックしてしまったために、自動的に接続変更のソフトウェアが会員の方のパソコンにダウンロードされ、知らないうちにダイアルQ2や国際電話に接続されて高額な費用が請求されるケースが発生しています。
また、これに気付いて電話番号を修正しようとしても修正できないようになる場合もあります。このような場合はWindowsの再インストール等を行わなければ解決できません。
このような事態にならないためには
1.怪しいサイトは閲覧しない。
2.「OKを押してください」の表示がでたら内容をよく読む。
  内容がよくわからないときはOKを押さない。
4.ダイヤルQ2チェックプログラム(NTT西日本)を導入する。
3.電話局などに依頼してダイヤルQ2や国際電話を利用しないようにする。

※最近アダルトサイト以外でも同様の被害が出るケースがありますのでご注意下さい。
 

知らない相手から頻繁にメールが届く

このような一方的に届く迷惑メールはスパム(SPAM)メール呼ばれます。スパムメールは複数の送り主から届いたり、送信者を偽って送られるため、有効な対策方法はありません。苦情の返信を送るとかえって逆効果になるため、すぐに削除するなどしてやり過ごすしか方法はありません。
このようなメールが送られてくるということは送り主はどこかで貴方のメールアドレスを入手している可能性があります。スパムメールが来ないようにするにはメールアドレスをむやみに公開しないようにすることです。もし、ホームページ等でどうしてもメールアドレスを公開する必要がある場合は公開用アドレスやプライベート用アドレスなど複数のアドレス取得して使い分けると便利です。
 

添付ファイル付きのメールが届いた

添付ファイルが付いたメールが送られてきた場合、送り主や内容に心あたりがあれば問題ありませんが、もし、下記のような場合はウィルス付きメールの可能性があるので注意が必要です。
1.知らない相手からのメールで添付ファイルが付いている。
2.知っている相手からのメールで件名、本文が入っていない。
3.添付されているファイルの種類がプログラムもしくは種類が解らない。
上記2の場合は送り主のパソコンにウィルスが感染しているとウィルスが過去に送ったアドレスやアドレス帳をもとに勝手に送ったものです。このようなメールが届いたときには開かずにすぐに削除することをおすすめします。
 

パルス回線でダイヤル時に誤ダイヤルする

1998年夏頃より出荷されたパソコンで搭載された一部のモデムで、ダイヤルパルス回線で、接続を行った場合、誤ダイヤル発信となることがまれにあります。
(ただし、ISDN回線やトーン回線では発生しません。)
(社)電子情報技術産業協会のホームページ
 

内容は随時更新、追加していきます。

[設定ガイド][よくある質問][トラブルに注意]


info@interbroad.or.jp