WindowsXPの設定例はこちら


  (WindowsMe、Windows2000)
パソコンの機種によっては必ずしもこの画面のとおりならない場合があります。

1.外付けのモデム・TAを使用する場合は先にモデム・TAの設定を完了しておきます。
  
設定例はこちら

最初の操作はパソコンの機種やこれまでの設定状況によって変わります。
下記のどちらかの操作で次項「
インターネット接続ウィザードの開始」画面を出して下さい。
機種によってはそのメーカーと提携しているプロバイダに接続するよう促す画面が何回か出てくる場合がありますのでご注意下さい。

1.インターネットエクスプローラのアイコンをクリック(またはダブルクリック)します。

もしくは

1.「コントロールパネル」−「インターネットオプション」を開きます。
 
2.「接続」−「接続」をクリックします。

 

インターネット接続ウィザードの開始 画面
1.「インターネット接続ウィザードの開始」が表示されます。
2.「インターネット接続を手動で・・・」を選択して「次へ 」をクリックします。
 
1.「インターネット接続の設定」で「電話とモデムを使って・・・」を選択し、「次へ」をクリックします。
1.「モデムの選択」で使用するモデムを選択して「次へ」をクリックします。
  ここで希望するモデム・TAが出てこないときは何か選択しておいて後で変更します。
パソコン内にモデム設定がないときはここでモデム・TAの設定画面が出てきます。
 
その際の設定例はこちら
 
1.お渡ししている設定資料を見ながらアクセスポイントの電話番号を入力します。
2.「次へ」をクリックします。
 
1.設定資料を見ながらユーザー名、パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
ここでの入力項目は<インターネット接続設定>の「接続ID」と「接続用パスワード」です。
ここでの入力を間違えるとダイヤル時に「パスワードを確認のうえ・・・」というエラーになります。 
 
1.完成したコンピュータの設定に好きな名前を入力して「次へ」をクリックします。
 
1.引き続いてメールの設定を行う場合は「はい」を選択して「次へ」をクリックします。
ここでいったん設定を終えてホームページが閲覧できることを確認してから改めてメールの設定を行っても構いません。
Outlook Expressを初めて起動するとこの画面から始まります。
 
1.「新しいインターネットメールアカウントを作成する」を選択し、「次へ」をクリックします。
 
1.名前を入力します。入力内容は自由です。
  通常はご自分の氏名を英字か漢字で入力します。
  上記の例ではメールアドレスは「test user<user@ma.iterbroad.jp>」となります。
  国内のみでのご利用であれば漢字でもかまいません。
2.「次へ」をクリックします。
 
1.設定資料のメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。
 

1.受信メールサーバーの種類は「POP」のままにしておきます。
2.設定資料を見ながら「受信メールサーバー」「送信メールサーバー」を入力します。
3.「次へ」をクリックします。
ここでの入力を間違えると「サーバーが見つかりません」というエラーになります。
 

1.設定資料を見ながらアカウント名、パスワードを入力します。
2.「パスワードを保存する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
ここでの入力項目は<メール設定>の「メールアカウント」と「メール用パスワード」です。
ここの設定を間違えるとメール受信時にユーザー名、パスワードを聞いてきます。
 

 1.「完了」をクリックすれば設定は完了です。

 

 

 



info@interbroad.or.jp